理想的な小論文を書くために違いを知ろう

小論文と作文の違い

書く人

小論文とは

小論文とは、出題されている問題に対して、
「自分は、こう考えていて、こう思っている」
という意見を述べて、
「なぜ、こう考えている、こう思っているのか」を理論的に説明する文を作成しなければいけません。

作文とは

一方、作文の場合は、出題されている問題の『体験談や感想」を文として、構築しなければいけません。
つまり、作文では、
『○○して良かった』『○○をして楽しかった』などの意見だけで、理由は特に求められていないのです。

共通している部分

小論文と作文の書き方の違いは先述した通りですが、どちらも共通しているのは、読解力、発想力、表現力が必要ということです。特に試験では、論理性や説得力の高さにポイントが置かれるので、試験の際には文章の流れや表現の幅にも目を向けるといいでしょう。

小論文を攻略する方法

文の構成を考える

読みやすい小論文を作成するために、文の構成をしっかりと考えましょう。小論文の構成として、序論・本論・結論が基本的な形となります。しかし、基本的な構成以外で小説のように起承転結で小論文を構成する人もいます。

出題傾向を知る

自身が受けようとしている学校の出題傾向を予め調べておくことも重要です。学部や学科によって、出題傾向は違います。そのため、自身が受験する学校がよく出題しているテーマについて、調べておくことで小論文を攻略に導きます。

短時間で要素を掴む

課題文を長い時間読んでいるだけでは、時間が無駄になります。そのため、出題された問題の要素を短時間で掴むことも小論文では必要と言えるのです。課題文が何について、どう述べているのか、などを短時間で掴むことで、文の構成時間にゆとりが生まれます。

文字数で構成を考える

小論文を構成するときに、大事なのが文字数です。学校によっては、800文字程度の小論文が課されるところもあれば、400文字程度で小論文が課されるところもあります。そのため、指定されている文字数に合わせて、内容を書く必要があります。

まずは流れを覚える

どんなテーマでも共通して言えるのが、小論文の段落構成です。小論文では、基本的な『型』があるので、それに習うように書くといいでしょう。『型』を覚えておくことで、文章構成の時間も短縮できますし、わかりやすい文章を作ることができます。

小論文と作文の違い

書く人

小論文と作文の違い

大学受験を控えているなら、小論文と作文の違いについて、知っておくといいでしょう。小論文では自身の意見に説明を加えて文章を書かないといけません。逆に作文では自身の主観のみで文章を構成することができます。

READ MORE
広告募集中